HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問仏式の墓参りの作法とキリスト教の墓参とは

仏式の墓参りの作法とキリスト教の墓参とは

仏式の墓参りの作法

仏式の墓参りの作法お墓を掃除したあと、花や故人が好んだお菓子や果物などのお供え物や、線香をお供えします。

一般的に線香を束のまま火をつけて、線香立てに供えますが、墓参りの人数によって、線香を備えてお参りすると楽です。

手桶は、新しい水を使いましょう。

故人との縁の深い順番で、墓石にひしゃくでまんべんなく水を1人、1人かけましょう。

墓石に水をかけるのは、仏の喉を潤すと同時に清めの意味合いがあります。

水をかけたあと、合掌をします。

ですが、立ったままでは、腰を低くするか、しゃがんだ状態で拝みましょう。

また、墓地に先祖の墓が多くある場合は、古い先祖の墓から順に拝むのが失礼のない拝み方です。

また、お供えした果物やお菓子は、鳥などの生き物に食べ散らかされる可能性もあるので、お墓参りが終わったら、持ち帰りましょう。

帰りは、線香を燃やしきるようにしましょう。

線香を燃やしきれるほど時間がない場合は、水をかけるか、消しましょう。

線香を消すことで、火事の予防につながります。

大切な先祖のお墓なので守っていきましょう。

キリスト教の墓参

キリスト教の墓参キリスト教のカトリックは、故人の命日以外は毎年11月2日に定められている‘死者の日’のみ墓参りをします。

また、この日は教会でミサが行われているので、その前にお墓参りをします。

プロテスタントの場合は、召天記念日の追悼会を牧師を招き、墓前で行います。

どちらにしても、墓参りの方法に日本との大きな違いはありません。

日本のお墓参りの方法と同様に、墓地を綺麗に掃除し、お墓などを備えて参拝する方法が一般的です。

関連:
お墓参りの時期と掃除の手順

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください