HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問檀家の意味と仕組みについて

檀家の意味と仕組みについて

檀家とは何を意味し、何をするのか

檀家とは何を意味し、何をするのか
檀家とは、簡潔に言うとお寺を支援している家のことです。

檀家になると、お寺が専属となり、日ごろの支援のお返しにお葬式や供養を行ってくれます。

檀家の言語は‘ダーナパティ’というサンスクリット語が由来です。
また、この言葉は‘お寺、僧を援助する庇護者’という意味があります。

宗派によって呼び名が異なり、浄土宗では‘信徒’と呼び、浄土真宗では‘門徒’という呼び方するので覚えておきましょう。

また、檀家に専属でついているお寺のことを‘檀那寺(だんなてら)’と呼びます。

檀家とお寺の間に結ばれた‘檀家制度’というものは、お葬式や式後の供養をすべてお寺に任せる条件で、お布施として経済支援を行うことを意味しています。

檀家でないと思っている方も多いですが、檀家とは個人で契約するものではなく、家族で契約するものです。

なので、あなた自分が申し込んでいなくとも、家族の誰かが申し込んでいると、檀家になっていることがあります。

自分が檀家なのかどうかわからない時は、家族や親族へ確認しましょう。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください