御香典、お悔やみの手紙の書き方の注意点と文例

蒼葉葬儀社

menu
HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問御香典、お悔やみの手紙の書き方の注意点と文例

御香典、お悔やみの手紙の書き方の注意点と文例

御香典とお悔やみの手紙を書くときに意識すべき5つのことと文例

御香典とお悔やみの手紙を書くときに意識すべき5つのことと文例
御香典は、案内状に「御香典はご遠慮致します」などの明記がない限り、必ず用意しなければなりません。

通夜とお葬式のどちらかに持っていきますが、どちらともに参列するときは、一般的には通夜で御香典を用意します。

通夜も葬式も参列することが難しいときには、郵送で御香典を送ることも可能です。

郵送するときには、お悔やみの手紙と一緒に御香典を不祝儀袋に包み、現金書留の封筒で送りましょう。

また、お悔やみの手紙を書く時には、白い無地の便箋を使い、濃い青のペンか黒のペン、もしくは、毛筆(筆ペン)を使用しましょう。
このとき、手紙の前置きとなる季節の挨拶や、頭語(拝啓、謹啓)、結語(敬具)などは必要ありません。

お悔やみの手紙を書くときには、
悲しみや驚きの気持ち、お悔やみの言葉、参列出来ないことへのお詫びの言葉、香典を郵送する旨、冥福を祈る言葉の5つで構成するように意識しながら書くと良い
です。

通夜、葬儀に参列することが出来ないときに送るお悔やみの手紙の文例

御香典とお悔やみの手紙
<ここから>

(〇〇)様の突然の訃報に接し、大変驚いております。

(故人の喪主との間柄の敬称)様のご逝去に
心よりお悔やみ申し上げます。

かねてより御療養中と伺っていましたが
回復を心から願っておりました所に舞い込んだ訃報に
ただ驚くと同時に、御家族の悲しみはいかばかりかと察しております。

生前、お見舞いに伺った時は本人も回復を信じて療養に
専念されていただけに残念でなりません。

本来であれば弔問に伺うべきところですが、
やむを得ない事情があり、ご葬儀への参列が叶わないため、
こうしてお手紙を差し上げた次第で御座います。
なにとぞご寛恕ください。

些少では御座いますが、回向のしるしに香典をお包みしました。

御霊前に供えていただけますようお願い申し上げます。
御家族の皆様につきましては、御供養のためにもご自愛くださいませ。

略儀ながら書中にて謹んで御冥福お祈り申し上げます。

<ここまで>

文例自体はたくさんありますが、上はその中の一つです。

自分で文章を作る自信がないのであれば、
自分の故人への気持ちに一番当てはまるもの
を探してそれを使用するとよいです。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須ご質問内容


ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください

蒼葉葬儀社のご葬儀に対するの想い
首都圏の公営斎場をご案内します
ご葬儀の相談・受付は24時間365日年中無休で承ります
蒼葉葬儀社のご葬儀の費用について
ご葬儀の一連の流れをご案内します
ご葬儀に関してよくある質問をまとめました

ご葬儀プラン一覧
直葬・火葬式シンプルプラン
一日葬ワンデイプラン
小規模家族葬ファミリースタンダードプラン
家族葬ファミリープラン
一般葬儀スタンダードプラン
大型葬儀・社葬デラックスプラン
費用項目の内訳の見方の注意点

過去事例/お客様の声一覧
葬儀後の相続・その他手続きについてもお任せください
遺品整理・現状回復もお任せください
ペットの葬儀・火葬もお任せください

家族葬の良くあるご質問と記事
蒼葉葬儀社の埼玉家族葬