HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問一番自由度が高い音楽葬

一番自由度が高い音楽葬

音楽葬は自由度の高いお葬式ー選曲についてー

音楽葬は自由度の高いお葬式
音楽葬は、様々なお葬式がある中で、一番自由度が高いといわれている自由葬の一種です。

音楽葬には、宗教やしきたりが存在せず、一般的なお葬式とは順序が違っています。

音楽葬では、曲を流すことがメインです。

音楽を流している間に、献灯や献花、喪主からの挨拶が行われたり、故人への別れの手紙が読まれたりします。

この際の一般的な流れは、献灯が終わったら、故人の好きな音楽を流し、故人宛ての手紙や、献花をし、最後に喪主となります。

選曲する音楽に困ったときは、王道な音楽を選ぶ

音楽葬で一番大切なのは、選曲
音楽葬で一番大切なのは、選曲です。

どういった音楽を選択するかによって、葬儀の雰囲気が大きく変わります。

音楽葬で多く選ばれるのは、クラッシックです。

クラッシックは、静かな音楽が多く、リラックス効果もあります。
また、音楽葬以外でも、使用されることが多いです。

クラッシックで選ばれるのは、

  • バッヘルベル:カノン
  • シューベルト:アベ・マリア
  • ベートーベン:ピアノソナタ・悲槍
  • バッハ:G線上のマリア
  • ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ

などが多く選ばれます。

ですが、基本的な音楽葬では故人の好きな曲をかけます。

なので、「どの曲がいいか迷ったとき」や、「数曲足りない」ときにクラッシックから選ぶとよいでしょう。

また、日本名では鎮魂歌や鎮魂曲と訳される、レクイエムも、お葬式の雰囲気に適した曲です。

モーツアルトレクイエムには、ラテン語で‘安息を’という意味があります。
この言葉は、キリスト教(ミサ)で、多く使われている言葉です。

なので、レクイエム自体に鎮魂が存在するわけではなく、葬送曲として使用する使い方が正しいとされています。

レクイエムは、フォームやモーツアルトが作曲した曲があります。

今あげた、クラッシック系や、レクイエム以外にも、歌謡曲、童話、j-pop、Pops、jazz、rockなどから音楽葬で流す曲を選ぶことが出来ます。

歌謡曲や童話は、参列者の多くが知っていることが多いので、共に歌い、故人を偲ぶことに繋がることもあります。

なにより、音楽葬で大切なのは、お葬式=悲しいというイメージに縛られすぎず、明るい曲も組み込んで、故人を偲びながら楽しいお別れになるようにすることが大切です。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください