HOMEご葬儀プラン一覧小規模家族葬プラン

小規模家族葬プラン

小規模家族葬|ファミリースタンダードプラン

ファミリースタンダードプランイメージ
小規模家族葬ファミリースタンダードプランは、家族・親族・親しい知人のみのご葬儀です。
ごくごく親しい故人と深い繋がりの方々だけで、共に過ごす最期の時間を気兼ねなく過ごす事ができます。
参列者の方への気遣いや対応に追われること無く、故人との想い出を語り合いながら、最期の時間を大切にされたい方へお勧めのプランです。

小規模家族葬ファミリースタンダードプランの料金と斎場の費用を合算した葬儀費用

  • 首都圏の公営斎場の平均の費用は、およそ130,000円です。
  • 首都圏の民営斎場の平均の費用は、およそ230,000円です。
  • 上記費用はあくまで目安なので、詳しくはお気軽にお問い合わせください。

小規模家族葬|ファミリースタンダードプランの内訳

小規模家族葬|ファミリースタンダードプラン内訳

パンフレット|ファミリースタンダードプラン

低価格で高品質な葬儀プランをご提供する当社では、総額表示で葬儀プランの金額を掲載しております。
掲載してます各葬儀プランの項目は、実際の葬儀を執り行う際の葬儀費用に含まれる全ての項目を表示しています。尚、プラン料金はご葬儀を執り行う公営斎場の費用が、該当市民又は組合民の方を基準にして算出した金額を提示しておりますので該当市民又は組合民以外の方の場合、プラン料金(斎場使用料・火葬料)が異なります。
ご不明な点は蒼葉葬儀社まで、お問い合わせ・ご確認ください。

葬祭費給付金の申請

小規模家族葬|ファミリースタンダードプランのお問い合わせ

小規模家族葬|ファミリースタンダードプランの流れ

  • ご家族の方から蒼葉葬儀社へご逝去のご連絡をいただきます。お名前、お亡くなりになられた場所(病院等)の名称や住所、ご連絡先などを伺わせていただきます。
  • 日中でも夜間でも24時間365日対応にて速やかに支度を整え、指定の場所(病院等)へと寝台車にてお迎えにあがります。基本的に寝台車到着まで、凡そ第一報より1時間~1時間半程度で到着できるものと思われます。
  • ご家族の希望を尊重し、ご自宅又は霊安室へ故人様を丁寧にご安置いたします。ドライアイスのご処置や枕飾り(お線香をあげる準備)を整え、順次お線香をあげていただきます。
  • ご葬儀全般の打ち合わせを行います。小規模家族葬に於いては、ご遺族や菩提寺とのお付き合いがあればその都合による通夜・告別式の日時の決定が主な重要事項となります。家族を中心とした温かく儀礼を重んじた葬儀を執り行う為に、落ち着かれていないご心情の際には、時間を改めての打ち合わせも可能ですので申し付けください。
  • 故人様をお棺へと納めるご納棺式を執り行います。お棺へと納めたいものや副葬品等、可燃物に限りますが事前にご準備をお願いいたします。ご希望によっては納棺師による湯灌のお手配も可能です。
  • 小規模家族葬では、ご家族のみを想定とした葬儀プランです。その中でも弔問に訪れる会葬者様への誘導を含め、厳粛に通夜式を進行いたします。
  • ご遺族の皆様が故人様との最期の時間を安心して過ごすことができるように、一切のご負担をお掛けすることなく厳粛に告別式を執り行います。
  • 故人様を葬祭場から火葬場(斎場)へとご出棺となります。
  • 故人様が荼毘に付されます。火葬を待っている間に会食の席(精進落し)へと移動していただきます。料理部門スタッフ一同、真心込めて対応させていただきます。
  • 火葬終了後、故人様のご遺骨を自宅へご安置となります。ご葬儀後の手続きや法事、仏壇、お墓のことなど、ご不明な点はその都度お問い合わせください。

  • ご自宅でお亡くなりなった場合は、直ちに当社セレモニースタッフがお伺い致します。
  • 病院で亡くなった場合は専用寝台車にてご遺体のお迎えにあがり、式場又は自宅までお送りします。
  • ご遺体をお送りした後、ご安置・枕飾りを行います。
    枕飾りの一式(机・線香・蝋燭・リン・刃物)は当社が御用意しますのでご安心ください。

家族葬プランの特徴

近年「家族葬」という葬儀の形が主流化されつつあります。周りに気を配らず、家族だけでゆっくりと故人を見送りたい方に多く選ばれています。文字通り「家族」が中心となり葬儀を執り行うスタイルなので、落ち着いた雰囲気で穏やかに故人とのお別れができます。

まだまだ周囲に理解の得られない部分もありますが、しかしながら家族葬を選択した方が良いケースも多々あります。高齢或いは、定年退職を迎え相当な時間を置いた場合には、参列者は少ないものです。このように参列者が少ないであろうと想定された場合に、家族葬はベストな形式のご葬儀となります。

また、故人の生前の希望で家族葬が執り行われるケースも多いです。「家族だけで見送ってほしい」と希望している場合もあり、家族はこれに応える形で家族葬を執り行うこともございます。

故人の家族、身近な親族だけでお見送りが可能

葬儀を執り行うにあたり、多くの遺族が感じるのが「気疲れ」です。大事な家族を亡くした悲しみを隠しながら気丈に振る舞い、次々と訪れる参列者に気を配らなければいけません。「喪主(遺族)としてしっかりしなければいけない」という精神的な負担により、ご葬儀を終えた後に体調を崩される方も多いです。

家族と親族という、ごくごく親しい方達の中で進行されるので安心感があり、穏やかな落ち着いた気持ちで故人とのお別れに集中することができます。

料理や返礼品の数が把握しやすい

葬儀の費用の中で一番変動が大きい部分が、通夜振る舞いの料理や会葬返礼品です。
一般的なご葬儀では会葬に来られる人数の想定がなかなか難しく、「折角来ていただいたのに数が足りずもてなせない」、「想定人数より来なかったので余ってしまった」、このように最終的な費用の増加や無駄が生じてしまうこともあります。

しかし家族葬では家族や親族の人数が凡そ分かっているので、費用の変動や無駄の心配がございません。

葬祭場の費用が抑えられる

ご葬儀の規模や会葬者の人数により、交通アクセスが良い大きな葬祭場を借りることも考慮しなければなりません。その分費用が発生してしまうのが難点です。

しかし家族葬では、家族だけの小さなご葬儀ですから人数も決まっており、葬祭場は多少利便性が悪くとも大丈夫ということになります。当然、その分の費用が抑えられるというメリットがあります。

葬儀にこだわる人に理解が得られない

故人の親族の中には、伝統的な葬儀にこだわりを持っている方もいるでしょう。「家族だけでなくもっと大々的に葬儀をするべきだ」と、理解が得られない場合もあります。

後に個別で弔問に来る方の対応に追われてしまう

家族葬を選択する理由としては金銭的な問題と共に、会葬者の対応に追われたくないという側面も含んでいることでしょう。

そんな心情から「敢えて知らせない」という選択肢を選ぶ遺族も多いのです。

核家族化が進む現代では、故人の交友関係を把握していないケースも多く、「知らせようがない」、「誰に知らせたらいいのか分からない」ということもあるかもしれません。

このような結果から、後から知った方々は個別に弔問に訪れることでしょう。結局はその対応に追われてしまい、香典を持参されて来られることを想定すれば、ある程度の返礼品を準備しておく必要があります。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

蒼葉葬儀社はご葬儀に関係する費用を全て含んだ形でご案内いたしますご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-963-183までお問い合わせください